医学部の予備校には社会人からでも通う価値あり

医師として働く魅力

医学部受験は社会人からでも医師として働く魅力医学部受験のために

確かに病院などの組織に縛られるという事もありますが、既に医師という存在は独立して自分だけでもやっていける存在という事になりますから、別に組織から対立して追い出されても特に生活に困る事はありません。
この生活に困る事が無いので、当然自分の中で許すことが出来ない事については思い切り発言をすることが出来ますし、その結果についても責任のある行動をすることも出来るようになるというわけです。
全ては自分が自立している一つの大人であるという事から出来ることだといって良いはず。
一般的な社会人と医者との決定的な違いは組織を離れると生活の基盤を失ってしまう人と、全く問題なく生活をしていく事が出来る人との違いということにもなるでしょう。
生活の基盤が無くなってしまう人は当然組織のいう事を聞く以外の選択肢はなくて、自分の考えなどは全く主張することも出来ません。
したらアッという間に扱いにくい人物ということで、マークされて報酬は削られて、ますます生活基盤を失っていくという事になるだけですから、なるべく目立つような事はしないという極めて消極的な事しか出来ない事になってしまうわけです。
これが如何に屈辱的で面白くない事なのかという事も分かるでしょう。
それがおかしいと思うからこそ、自分で独立した一人の人間として生きたいというように願うわけです。
とすれば、圧倒的な技術なり知識なりを持つ以外には方法はありません。
その一つとなり得るのが、この医学部の予備校に行くということですから、これは当然それだけの価値があるという事は言っていいでしょう。
医師になればハッキリと次元の違う待遇が待っています。
これがほぼ約束されるのが、この医学部の予備校ということにもなるわけです。